SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

哲志会 鶴川教室

大手進学塾で腕を磨いた講師陣によって全ての授業が行われている進学塾「哲志会 鶴川教室(2015年開校)」の講師ブログです。

日々の出来事や各講師たちが子ども達や保護者様と並走させていただく中での様々な想いを書いています。
2次試験に向けて
0

    「英検の1次試験に合格しました!」
    という嬉しい報告を沢山もらっています。

    例年では、中3生は夏までの回で英検を取ってしまう子が多いのですが
    今年はコロナの影響もあり、この秋の回に受験を遅らせた子が多かったようです。

    私立高校入試に利用することを考えると、今回で合格しなければ……
    と、中3生にはプレッシャーがかかりますね。
    入試に関わる定期試験の時期とも重なり、忙しくもありますが
    一緒にやり遂げましょう。

    中3生の2次試験受験生が多いことを受けて、来週は合同模擬面接を予定しています。
    先日はそのガイダンスとして、どんな勉強をしてきてほしいかお話ししました。
    しっかり準備してきてくれた皆さんとの面接練習を楽しみにしています!

    高岸

    | 講師ブログ | 23:12 | comments(0) | - | - |
    可能性との戦い
    0

      中学校は三者面談期間ということで、今日も14時台から中3生がやってきて、それぞれの課題に黙々と取り組んでいます。目的意識がはっきりとした時、無駄な時間と決別し、可能性との戦いに邁進することができます。どれだけ熱い気持ちをもって、自分の可能性に向き合えるか。自分の可能性にどれだけ心を燃やせるか。さぁ…10月も終わります。そろそろ冬の陣に突入します。

       

       

      ↑ひと月ほど前から最寄り駅に貼られたポスターが面白く、ついつい目がいってしまいます。昨日たまたま通行人が誰もいなかったので写真を撮ってしまいました。確か去年もユニークなポスターが貼られていたような気がします…デザイン担当の洒落心に素晴らしいの一声です。私は職業病なのか、この写真一枚をとっかかりに社会の授業が出来そうだな等と考えてしまいます。「毎年11月上旬にズワイガニ漁が解禁され、ズワイガニが跨っている新幹線が運行している地域はどこでしょう?」

       

      「これは加能ガニだ!」と即答できる方はグルメですね。鉄道ファンは「ふっ…E7系じゃないか。これが分からない人は鉄ちゃんじゃないぜ。」とクールに新幹線を見て判断できますね。(私も個人的に色々ある新幹線の中でも、このタイプの新幹線は配色が綺麗でカッコイイと思います。)

       

      全く分からない場合もよく見ると大ヒントがあります。水揚げされた港の青いタグを拡大すると「石川県金沢港」とあり、北陸のPRポスターであることが分かります。加能というズワイカニのブランドは加賀能登からきています。また写真の新幹線は2015年に開業した北陸新幹線です。中学入試にもよく出題されます。勉強の材料は色々なところにありますね。

       

      佐々木

       

      卒業生が久々に顔を出してくれました。

      また近況報告しに来てくださいね。差し入れ、ありがとう!

      | 講師ブログ | 23:34 | comments(0) | - | - |
      考えて構える時間
      0

        本日より、薬師中の期末試験対策を開始しました。
         

        2学期期末試験...中3生にとっては、入試に直接的に関わる最後のテストです。

        試験日程の関係から、他の中学校より一足早い対策授業のスタートですね。
         

        試験直前期に科目間バランスを修正をしたり、必要に応じて取り組みを加速したり、ということはもちろん大切です。

        ただ、今できることとして、冷静に予定の組み立てができたり、試験までの計画をある程度のスパンで見通せるこのタイミングで、自分が目標地点に到達するために必要なことをすべて明確にしておきましょう。


        中3生にとっては、勉強時間数やその質の確保が重要なことは言うまでもないことですが、

        試験範囲や自分の得手不得手を踏まえて、今の計画段階で道のりに目途が立たない科目や単元はないか、これまでの経験則から足元を救われそうな所はないか、などについて、あれこれと考えて構える時間があるのもこのスタートの時期だからこそと思います。
         

        とにかく慌てず、広い視野で、試験に向けて前進をしていきましょう。

        まだまだ景色は変わります。最後まで一緒に頑張ろう。

         

        朝香

         

         

        | 講師ブログ | 23:45 | comments(0) | - | - |
        好きな音楽を勉強に生かす方法(2)
        0

          10月9日の記事の続きです。
          どうしても音楽を流しながら勉強したい……無音の状態が辛い……
          という子達にお薦めの方法があります。

          それは「自然音」を流すことです。
          通常の音楽と比べて、学習を阻害する効果が弱いことが認められているそうです。
          森の中の音、海辺の音、川のせせらぎといった自然音は
          動画サイトでも気軽に聞くことができます。
          スマートフォンのアプリケーションでも、
          そういった音を無料で聞けるようなものがあります。

          私も「勉強したいけど無音の状態が辛い」と思う時があります。
          その場合、よく「焚火の音」を流すようにしています。
          暫くして集中力が高まってきたら音を消しています。

          高岸

          | 講師ブログ | 16:42 | comments(0) | - | - |
          秋の空に思う
          0

            天気の良い日と悪い日が入れ替わるようにしている10月の天気ですが、ここ数日は“秋晴れ”らしい天気が続いています。イチョウの葉も綺麗な黄色に変わりつつあり、青空とマッチして、綺麗な風景を楽しませてくれます。詩人であれば季節の移ろいを純粋な気持ちで感じ、それを言葉にするのでしょうが、私たちの仕事は冬の受験というエンドラインを常に考えていることもあり、刻一刻と迫りくる勝負の時を意識せざるを得ません。冬物のセーターを出すとき、コートに袖を通すとき、帰りの自転車で冷たい空気を感じたとき…色々な場面で「そろそろだな…」と気持ちが引き締まります。時間は待ってくれません

             

            最近、小5生の中でも半数ぐらいのメンバーが授業日でなくても教室にやってきて黙々と勉強に取り組む姿を見せてくれています。小5生たちも残り100日で受験学年に進級することになります。小5生の間に、勉強のの両面をレベルアップさせ、いい形で受験学年に進級してもらいたいと思います。家で出来る勉強・塾で出来る勉強の両面、各担当から出ている宿題・自身の必要性に応じて取り組む課題の両面を意識できると飛躍的に実のある勉強に生まれ変わります。

             

            佐々木

            | 講師ブログ | 23:59 | comments(0) | - | - |
            スタート地点はどこ
            0

              中3生に負けじと、小6生も私立コース・都立コースともに授業内外問わず過去問演習を進めています。
              過去問は言うまでもないですが、受験学年の模試や入試レベルの演習問題は大変精巧に作りこまれているために、小手先でどうにかしようとしてもうまくいかないことが多くあります。

               

              もちろん、自分の中で感じた通りの手応えの点数がとれる(つまりテストを終えて「できた!」と思えた通りの結果が出る)ようになることが重要です。

              改善点も対策も、その手応えと結果が一致するところがスタート地点です。
               

              ただ、入試水準では、科目や単元に対する知識量や経験値が自身の認識とは乖離して、手応えと結果がうまく折り合わないという状態になることも珍しくありません。

              我々は、子どもたちがその壁にぶつかっている瞬間や時間を見逃さず、「今のあなたは現実的にこういう状態だから、まずはこういったことが必要だよ」という道しるべを作る必要性を強く感じる時期です。

              一人ひとり、その壁を正確に感じられるようになる瞬間は本当に様々です。すでに乗り越えた回数が多く上手に把握できてきた子もいれば、ここから入試の前日(当日)までに数多く向き合っていかなければという子もいます。もちろん設問のレベルが上がれば上がるほど、できるようになるために費やす時間や労力は大幅に増えていきます。

               

              「できるまでやる」「サポートを受けながらも最後は自分の力で解ききる」という基本的な動きはもちろんですが、その後で、「解き方や考え方に納得する。そして次は自分の力で初めから終わりまで解ききることができる」という段階まで到達できてやっと入試問題との戦いに勝つことができます。ハードルを設けて、適切にそのハードルを上げて、目線を上げて頑張りましょう。

               

              朝香

               

              | 講師ブログ | 22:51 | comments(0) | - | - |
              中3生も、できるまで
              0
                中3生と、入試対策の英作文課題をスタートしています。
                都立高校入試でも1割以上の配点を占める英作文の問題は、
                ある程度は集団指導の中で教えることができますが
                ミスなく、確実に書けるようになるためには
                個々の答案の添削指導が必要です。

                ここから、中3生とは交換日記のようにして英作文ノートのやりとりをし、
                正しい答案になるまで繰り返し提出してもらいます。

                多少、骨の折れる作業ですが、次第に上手に書けるようになっていく様子を見られるのは本当に嬉しいことです!

                高岸
                | 講師ブログ | 19:08 | comments(0) | - | - |
                時間の流れは止まらない
                0

                  定期試験が終わり、近隣の中学校では従来の規模を縮小させ学校行事を実施しています。鶴川中は明日、運動会が行われるとのことで子ども達からもどんな種目にエントリーしているか等、ここ数日で色々と話を聞きました。今日は前日準備で学校が早く終わったため早い時間帯から中3生たちが各々の課題を進めにやってきていました。色々と課題を進められたようで、こうした時間の使い方が出来るようになると自身でも前進感を高めながら机に向かえます。必死になって課題を進める時間も、漫然と座っているだけの時間も同じ時間…時間の流れは止まってはくれません。「やる!」と覚悟を決めて邁進するのみです。

                   

                  定期試験を終えた中1・中2生と振り返り面談を行っています。来月に控える期末試験に向けて、どのように行動変化を起こしていくか…成功のヒントを伝えながら話を聞いています。小さな改善を重ねて、より完成度を高めていけるような話ができる子もいれば、根本的な部分から改善を図らなければならない場合まで様々です。テストの振り返りを行いながら、志望校に関する話に広がっていくこともあります。子ども達の心に燃える何かを注ぐつもりで私なりの言葉で話をしています。

                   

                  佐々木

                  | 講師ブログ | 23:59 | comments(0) | - | - |
                  一度、体感しておく
                  0

                    中3生は通常授業に戻り、ちょうど今日で各授業が1周しました。

                    期末試験が早い学校は3週間後には、そうでない学校もひと月後には期末試験を終えて一気に入試対策モードに切り替わっています。

                    まだまだ先のことと思っているそこのあなた。本当にあっという間ですよ。

                    一日一日を大切に過ごしましょう。
                     

                    さあ中3生の皆さん...授業が一回りした今、この時期に必要なリズムとペースは完全に掴めましたか。塾の授業と宿題はもちろんのこと、それ以外の各自の課題と向き合い、必要な勉強を適切な量で行えていますか。
                    この時期は定期試験を意識した動きをとり始めつつ、入試に向けた足場固めをきちんとしておく時期です。
                    そのバランスは一人ひとり異なるとしても、
                    入試に直結する学習に力を入れられる貴重な期間でもあることも確かです。
                     
                    弱点を克服する。粘り強く難しい問題に取り組む。
                    「入試ってこのレベルで戦うのか」と肌で感じることができる時期です。

                    期末試験が終われば、誰だってそのモードになります。そうでないこのタイミングで、逃げずに立ち向かっていくことで、最後の1〜2か月でスパートをかけるときに、必ずや自分自身の支えになります。

                    (もちろん体調管理や栄養・睡眠のバランスは崩さないようにしましょうね)

                     

                    さて、中1生・中2生は、昨日に続いて明日22日(木)も学力テストですね。国語・理科・社会のテストです。

                    最後の最後までやりきって、そして結果を待ちましょう。

                    また明日も待っています。

                     

                    朝香

                    | 講師ブログ | 23:30 | comments(0) | - | - |
                    高校生に向けて
                    0

                      昨日は新宿高校に進学した教え子が、英語の学習について相談しに来てくれました。
                      リスニングの勉強をどのようにしたらよいか……という話でした。

                      卒業してからも、こうして頼りにしてくれるのは嬉しいものです。

                      語彙力を高めるための教材として卒業生に薦めている
                      市販の英語教材の一つにDuo3.0があります。
                      (書籍と、「基礎用」のCDをお薦めしています)

                      TOEICといった英語の試験に向けた対策の第一歩としても利用できます。
                      CDと併用することでリスニング対策にもなります。

                      一つの英文の中に、覚えるべき単語・熟語を複数入れたものが数多く収録されているのが特徴です。
                      単熟語をその英文ごと覚えることで、
                      語彙が増えるだけでなく、文のストックを頭の中に多く作ることができます。
                      これが「喋れるようになる」ことにも繋がっていきます。

                      高校進学が決まったら手に取ってみてほしい一冊です。


                      高岸

                      | 講師ブログ | 22:40 | comments(0) | - | - |